無題

日々の思考

4月に入っても雪が続くのならば、街全体を教会にしてしまいたい。

 

Опять он падает, чудесно молчаливый,
Легко колеблется и опускается...
Как сердцу сладостен полет его счастливый!
Несуществующий, он вновь рождается

 

サンタ・マリア・マッジョーレ教会は、ローマ中央駅、テルミニ駅からまっすぐに伸びる大通り沿いに位置し、ローマ四大バシリカの一つとして今も人々に愛されている。二つの丸屋根を持つ、大理石造りの巨大なその教会の内部は、至る所にモザイクが施され、バロック最大の彫刻家ベルニーニもここに眠る。

 

8月に雪が降るなんて誰が信じただろうか。35度の猛暑、照りつける太陽の下、そこにいる誰もがその伝説を疑ったに違いない。殊、熱帯の大都市で生まれ育った11歳の少女には、8月に雪が降る場所が世界中のどこかに存在し得る他いうことすらも、到底理解できなかった。

 

西暦356年、教皇リベリウスは夢の中で聖母マリアから、「雪の降る地に聖堂を建てよ」というお告げを受け、その数日後、お告げは現実となった。

 

桜が散ったところでそこには依然として木が生えている。ところが溶けた雪は跡形もなく消え去り、そこには無機質なアスファルトしか残らない。そこに純白の美しい雪が降り積もっていたことを忘れたくないから教会を建てる、或いは写真を撮り、或いは詩を書く。

 

晴れた日に、太陽が優しく街を包み込む中、花が散るかのようにはらはらと降る雪の中を歩くと、神様に祝福されたような気持ちになる。-3度はもはや清々しく、着々と春の足音が近付いているのを感じる。